Tatchan in America

アメリカ人女性と国際遠距離恋愛中の日本人男子。国際恋愛や留学に関わる情報をお届けします。

留学に持っていくと役立つ調味料とは? #1

どうもこんにちはtatchanです。 

まだジメジメした梅雨の時期が続いておりますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?数年ぶりにこの時期に日本で過ごしており、まだこの気候には体が慣れていません。。毎日カリフォルニアの気候を懐かしみながら過ごしております。。。

 

さて、梅雨が終われば本格的な夏が到来して、学校も夏休みに入るころではないでしょうか?人によってはこの夏休みを利用して海外に短期留学へ行ったり、正規で海外の大学に行く方もこの時期が大半だと思います。

 

ワクワクと同時に経験がない海外留学に向けて、スーツケースに何を詰めようか悩んでいる人もいますよね?。自分も留学に行った時は、ちょうどこの時期でパッキングに日々戸惑っていました。

 

今日はそんな方向けて、これだけは確実に持っていくといいアイテム、そう!調味料!を紹介します!!

 

調味料!?

なんで調味料!?と疑問に思った方、調味料を侮ってはいけません!日本食を作るには欠かせない調味料は長い海外生活において非常に重要なアイテムになります。滞在先の近くに日本食スーパーがある方はそう困りませんが、そうでない場合の人は一回調味料が切れれば補充するのに大変苦労します。食材があっても調味料がなければさっと日本食を作るのが困難なのです。そのため、あえて日本から持ってくのが割安で自分の好きなメーカーのものを持っていけるので一番です。

 

白だし

f:id:tatchaninamerica:20190720100012j:plain

白だしは色が薄く味がしっかりしていることから、プロが認める万能調味料として有名だと思います。使い方は自由自在でどの料理にも合うので、みなさんも普段使っているでしょう。留学先で少し日本が恋しくなった時に白だしがあると非常に便利です たとえば、出し巻き卵や煮物、肉じゃがなどが作れちゃいますし、一工夫すれば和風系の料理も作れます。炊き込みご飯なんかも余裕でできます。自分もよくたまご焼きをはじめ、親子丼などいろいろ作っていたので本当に白だしがあり助かりました。

 

みりん

f:id:tatchaninamerica:20190720100043j:plain

みりんも白だしと並ぶ日本料理には欠かせない調味料ではないでしょうか。料理に甘味を引き出すことはもちろんですが、肉や魚など、食材の臭みを消すことでも使われますよね。また、テリとツヤを出すので料理の見た目をアップできます。肉料理、魚料理、煮物、どの料理でも活用できるので留学に一本持っていくと役立ちます。自分の友人は豚の角煮を作る時にみりんを大いに活用していました。

 

鶏ガラスープの素

f:id:tatchaninamerica:20190720100111j:plain

自分にとってこれは中華料理、とくにチャーハンを作る時になければならないものです。これを入れるか入れないかで、味に大きな変化が出ますよね。コクがありスパイスが効いているので料理にアクセントをつけれます。日本にいる時はアメリカに売っているだろうと思っていましたが、現地のスーパをめぐり探しましたが売っていませんでした。日系、韓国系のスーパーでようやく見つけれるほどです。自分はペースト状のものを多用していました。さほど大きくなく、かさばらないので持ち運びが非常に便利です。

最後に

自分が日々自炊していて感じたのは、食材はある程度現地のスーパーで揃えれますが、やはり調味料はなかなかゲットすることができません。売っていても量が少なく、割高なので手に取ることをためらいます。ですので、ぜひこれから留学に行く方はこれらの調味料を持って行って欲しいと思っています。ほんとにあるとめちゃくちゃ便利で助かります。正直まだまだ他の調味料を紹介したかったですが、それらはまた今度にします。

今回「醤油」をあえて外しました。醤油は結構売っていて、こだわりがなければ比較的大丈夫です。どうしてもこのブランドがいいと感じる方は持っていくことをオススメします。