Tatchan in America

アメリカ人女性と国際遠距離恋愛中の日本人男子。国際恋愛や留学に関わる情報をお届けします。

アメリカにお年玉の文化はない?そもそもお年玉の由来とは?

みなさんこんにちはTatchanです。みなさんお正月はいかがお過ごしでしょうか?

初日の出をみて、初詣に行き、おせちやお雑煮などのお正月料理を食べて過ごしていますか?それとも年末年始のお休みを使って旅行などに行っていますか?自分は実家にいてお正月料理を食べて過ごしています。おかげで日本に帰国してからだいぶ太りました。笑

さて、子供にとってお正月の1番の楽しみといえば、家族や親戚からもらうお年玉なんではないでしょうか?子供から◯◯円もらいましたと聞くのは恒例行事ですよね。お年玉をもらうということは日本の文化として当たり前の光景だとおもいます。

しかし、この話をアメリカ人の彼女にした時に彼女はとても驚いた顔をしていて、また、ある子供が彼女に◯◯万もらったという話をすると、彼女は信じられない様子を見せていました。

そこから、今日みなさんにお伝えするのはアメリカではお年玉をあげる習慣はあるのか、そもそもお年玉となんなのかを紹介したいと思います。

 

アメリカのお年玉事情

f:id:tatchaninamerica:20190102154853j:plain

タイトルでもご紹介した通り、アメリカにはお年玉というのは存在しません。なのでこの話題をアメリカ人にいうとほぼ全員が驚き不思議に思うはずです。アメリカでも大人が子供にお金をあげることはありますが、それは主にクリスマスや誕生日などの特別な日です。金額も$50〜$100の間で、日本のお年玉のように高くなるようなことはありません。ですので、自分の彼女が日本の子供達から◯◯万もらったということを聞いた時に驚きを隠せなかったのです。ちなみに、アメリカではお年玉の文化がないので、それに適する英単語もありません。

 

お年玉の由来とは?

f:id:tatchaninamerica:20190102155035j:plain

ではそもそもお年玉の由来というのはどこからきたのでしょうか?日本独特の文化ですが、その意味を知っている人は少ないと思います。自分も物ごごろつく頃からもらっていましたし、なにも感じずに過ごしていました。

今ではお年玉というのはお金として意味をなしていますが、昔は「お餅」をあげることえを意味していました。なぜお餅かというと、昔は年があけると歳神様がきて幸福をもたらすと言われていました。そして、お供えし物としてお餅があり、そのお餅に神様の魂が宿ると考えられていたのです。神様の魂が宿ったお餅を食べることで、恩恵を受け取っていたと言われています。「お年玉」の語源も「歳神様」からきているという説が有力です。

 

お餅からお金へ

f:id:tatchaninamerica:20190102160658j:plain

お餅として世に浸透していたお年玉がいつお金として現代に知れ渡ったのでしょうか?さかのぼればだいぶ昔になりますが、説を紐解くと江戸時代に始まったと言われています。大昔から金目の物のやりとりはありましたが、それが庶民にまで浸透していったのが江戸時代からだかららしいです。そして、今現在、「お年玉」=「お金」になったのは高度経済成長の頃でお金の流通が活発になった時だと言われています。

 

日本でお正月の風物詩として行っているお年玉もアメリカ人から見るとまったく不思議な光景で理解するのが難しいことだと思います。でも、しっかりとした歴史を知ることで先代の日本人の思いを大切にして、また後の世代にも引き継げるようにしていきたいですね。