Tatchan in America

アメリカ人女性と国際遠距離恋愛中の日本人男子。国際恋愛や留学に関わる情報をお届けします。

クリスマスの由来?そもそもクリスマスって何?

みなさん、今年もクリスマスの季節がやってきましたね!みなさんは誰とどんなクリスマスを過ごしますか? 悲しいですが自分は飛行機のなかで過ごします。笑

さて、クリスマスは今や世界中のイベントで、日本でも広まっていますが、みなさんはクリスマスの意味をご存知でしょうか?恋人と過ごす日、サンタクロースがプレゼントを渡しに来る日、ケーキを食べる日、それぞれの頭の中に浮かんでいるものがあると思います。

というわけで、今日はみなさんにクリスマスの由来についてお伝えしたいとお思います!

 

クリスマスの起源や由来とは!? 

f:id:tatchaninamerica:20181220092044j:plain

クリスマスとはキリスト教徒が神の子であると信じるJesus Christ (イエス キリスト)の誕生日を祝うものとされています。そして「クリスマス」という言葉はキリストの魂という意味からきています。

神は天界いますが、人間が天界に行くことはできません。そこで神が人間の姿になってこの世に来て誕生したのがJesus Christ(イエス キリスト)らしいです。

クリスマスが初めて祝われるようになったのは4世紀はじめと言われていますが、確かではありません。Jesus Christ(イエス キリスト)が生まれたのは12月25日となっていますが、実際は詳細がわからず、学者の間でも意見が割れているそうです。聖書には詳しい日付や記載がないとされているためです。

ではなぜ12月25日になったかというと、西暦2世紀にローマのキリスト教徒の歴史学者Sextus Julius Africanusが、Jesus (イエス)の誕生日を12月25日にしたためといわれています。また、聖母マリアが特別な子を授かったと言われているのが3月25日でその9ヶ月後が12月25日だったからという説も。さらに、冬至古代ローマのフェスティバル「Saturnalia」と「Dies Natalis Solis Invicti」が開催されていたことも関係しているとのことです。Saturnalia (サートゥルナーリア祭) とはサートゥルナーリア神という農業の神様を祝した古代ローマの祝祭で12月17日から23日まで開催されていました。

Dies Natalis Solis Invicti とは日本語で「不敗の太陽の誕生日」を意味します。不敗の太陽はミトラと言われており、ミトラ神の誕生日が25日という諸説もあります。ミトラ神を信じるミトラ教とJesus Christを信じるキリスト教が合体してクリスマスができた噂もあるらしいです。

 

どうでしたでしょうか?意外と知っているようで知らない人が多かったと思います。

宗教は奥が深く、クリスマス、12月25日というのは様々な諸説があり、正確なものを見つけるのは難しいです。しかしながら、近年ではJesus (イエス キリスト)が生まれた日として世界共通で知られています。