Tatchan in America

アメリカ人女性と国際遠距離恋愛中 アメリカに留学しています

「国際恋愛」また遠距離になるときの気持ち

こんにちは、tatchanです!

 

日本一時帰国からアメリカに戻ってきて、はや1週間が過ぎました。

 

今週から大学の授業も始まり、また忙しい日々になりそうです。。

 

さて、

 

自分は日本に滞在しているときは、ほとんど彼女と過ごしていたのですが、

 

アメリカに戻ってきてからは、皆さんもご存知の通り、

 

また国際遠距離恋愛になります。

 

今回はそこで、

 

彼女との再会を楽しみ、アメリカに戻ってきて、

 

自分がまた国際遠距離恋愛をするときの素直な気持ちを

 

皆さんにお届けしたいと思いました。

 

やはりとても寂しい !!

アメリカに戻ってきた最初の2日間は、

 

とても寂しく感じましたし、悲しかったですね。笑

 

時差ぼけもあり、夜に全然眠れませんでした。笑

 

今でも寂しくなるときがあり、時々変な気持ちになります。

 

夏の3週間、ほとんど彼女がそばにいたので、

 

人の温かみや、というものを感じることができました。

 

それをあと4、5ヶ月感じることができないのは非常にショックですね。

 

自分はこれを4回 (2年)

 

も続けてきたのかと思うと、涙が出ると同時に誇らしく思います。

 

ときどき、「遠距離に慣れてるから、大丈夫でしょ?」と言われるのですが、

 

彼女に会えなくなるとき悲しさや寂しさは、

 

年々上がるので、毎回ハードルが高いです。笑

 

他に国際遠距離恋愛をしている人も同じことを思った方がいると思います。

 

まとめ

自分は正直に、国際遠距離恋愛は大変だと言います。

 

国際遠距離を乗り越えて、会ったときの感動は想像を超えて嬉しいものがあります。

 

しかし、また遠距離になるときの気持ちは、それと同じくらい悲しいものです。

 

やはり、相当の覚悟がないと継続して長期の遠距離恋愛はできないなと感じました。

 

自分は考えすぎると思いつめちゃうタイプなので、

 

大学の方に集中して、あまり彼女のことを考えすぎないようにして行きたいです。笑

 

まぁとりあえず、寂しいです!笑

 

それではまた次回お楽しみに!

google-site-verification: google06167f9106cc34d2.html